2021年2月28日 更新

極小の呼吸(笑)

2月28日の宇佐美の海ログです

94 view お気に入り 0
皆さんこんにちは。宇佐美DCの小峰です。

今日の宇佐美は、予想以上にうねりが早く収まって、潜水には問題がない海況となりました。

ただ、水中の透明度は5m前後と、ここ最近では一番落ちている感じでした。

水温は14℃台をキープ。去年水温が下がらぬままだったので、寒いのは寒いでいろいろ大変ですが、生物的にはこのまま13℃台に下がってくれるといいな、とも思います。


 (19339)

さて、今日は時間を見つけて1本チェックダイブに入った模様を。

ここ最近「ウミウシ」狙いのリクエストが多いのはありがたいのですが、一昨年まで本当にたくさんのウミウシがいたのに、去年から水温が下がりきらなかったからか、いまいちウミウシの出が少ない気がしている今日この頃でした。

一昨年の写真をcheckしていると、「この子も去年から見ていない、あれ、この子も」といったウミウシがたくさんいます。

そんな中、「いないいない、と思うからいないのでは?」という発想と、「そもそも極小なのだから、そういう目で探していないのでは?」という発想が重なって、

「極小の呼吸(笑)」で探してみたらどうだろう?

となりました。

以下、その結果です。

 (19341)

いました。まずはオカダウミウシ。

このウミウシは実際に極小で、大きさで言ったら2ミリもあれば大きい感じです。実際に肉眼ではオレンジ色の点、としか見えません。写真を撮るまで、触覚がどちらに向いているか、小峰の目では確認不可能です。視力検査みたいですね。

このウミウシを発見して、なんかこう、ホッとしました☆

その調子で、普段の倍くらい時間をかけて目を凝らすと、

 (19343)

これまた極小のヨツマタミノウミウシが目に入りました。

ここ最近は、見せないと見せないと、と思って焦っていたり、このサイズ感と決めてかかって探すことができていなかったのかもしれません。

発見だなー、初心に帰るというのは大切だなー、と思いつつ、次へ。

 (19345)

宇佐美の海で見かけるミノウミウシの中でもかなり小さい部類のコマユミノウミウシを見つけました。触覚がどちらにあるのかがわからないサイズではないですが、このサイズのミノウミウシは意外と写真にとるまで、どのミノウミウシかわからないことが多いです。たくさん見つけていたころは、写真を撮ってみて、「なんだコマユミノか」なんて思っていたりしましたが、今日は違いました。何かこうホッとする感じで、岩の上をのそのそ歩く様子を少し眺めたりしました。

心の余裕は大切ですね☆

と、いうわけで、いったい誰得な記事なのかはわかりかねますが、小さな世界を丹念に楽しむダイビングを今後伝えられたらなー、と思った1本でした。

PS ウミウシに関しての情報は、先週から新しくインスタグラムを始めたのでそちらにも写真を上げていきます。宇佐美ダイビングで検索していただけると小峰バージョン、谷バージョンの二つが見つかると思いますので、よろしかったらそちらをフォローお願いいたします☆
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

気づけばウミウシを探している

気づけばウミウシを探している

3月18日の海ログです。
yomozuki0 | 135 view
今日もウミウシがメインに!

今日もウミウシがメインに!

3月13日の海ログです。
yomozuki0 | 102 view
久しぶりにうねりの弱い海

久しぶりにうねりの弱い海

3月12日の海ログです。
yomozuki0 | 109 view
穏やか日になりました。

穏やか日になりました。

2月22日の海ログです。
yomozuki0 | 117 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yomozuki0 yomozuki0