2017年9月26日 更新

【マクロ撮影】背景を○○で抜く!?

生物もより効果的に印象強くする手法。 それが「黒抜き」と「青抜き」です。

3,979 view お気に入り 0

「黒抜き」で、より印象的な写真に!

背景を暗くして被写体をより浮きだたせるのが”黒抜き”。
余分なものがない分、被写体だけにフォーカスした写真になります。
またなんだか、カッコ良い感じになりますね。
マクロ写真で良く使われます。
より印象的な写真となりますよ!
ニシキテグリ

ニシキテグリ

ニシキテグリは夕方~夜にかけて活発に活動します。
また、中層に飛び出ることもあるので黒抜きがしやすいです。
飛び出た瞬間がチャンスですね!
f/32:1/250:ISO200
via YUSUKE TAMURA PHOTOGRAPHY

☆黒抜きにする方法☆

①シャッタースピードは速め(超速)
②絞りはガッチガチに絞ります。
要は露出をアンダー(暗め)にします。
適正露出から大きくアンダーとなるので、ストロボは必須ですね!
さらにもうひとつ大事なことが。

◎背景は完全な後景にする
これが一番重要です。
水中で完全な後景となると、中層です。
岩やサンゴ、砂地などを一切写しこまないようにします。
これらが画角に入っているとストロボが反射して完全な黒抜きにはなりません!
マンジュウイシモチ

マンジュウイシモチ

普段サンゴの上や中にいるマンジュウイシモチ。
サンゴを写しこまないようにめっちゃ寄って撮りました。
赤い目がキュートっす!
f9:1/160:ISO100
via YUSUKE TAMURA PHOTOGRAPHY

まずは動かないもので試してみる

動かないものといえば、ウミウシとかハゼとか。
ただハゼはどうしても砂地が写ってしまう場合が多いので難しいです。
求愛行動で巣穴から飛び浮くものならいけますね!
おすすめはエビやカニです。
コマチガニ

コマチガニ

白と黒。
びょ~んと伸びるウミシダについていました。
動きが少ないのでピント合わせがゆっくりできました!
f22:1/100:ISO200
via YUSUKE TAMURA PHOTOGRAPHY

中層を泳ぐ被写体をチョイス!

とはいえ、水中では背景に何も置かないことが案外難しかったりします。
アングルを考えているうちにシャッターチャンスを逃すことも。。。
なので、はじめは中層を泳ぐ被写体で撮るとイメージが湧きやすいです。
例えば、ハナダイやスズメダイ。
ただ、動き回るので、ピントを合わす難易度がアップ。
しかし、しかし!
ある程度絞っているので被写界深度が深くなりピントはそこまでシビアじゃないのです。
そしてシャッタースピードも速くするので、ブレない!
”ブレない+ピントの合う幅が広がる+黒抜きになる”と、一挙三得!
アカネハナゴイ♂

アカネハナゴイ♂

たまたま捉えたあくびの瞬間。
ハナダイの種はかなり高速で動き回るのでピントが大変です。
でも思い通りに撮れたときの瞬間ったら・・・シビれます。
特にこういった色鮮やかな被写体は黒抜きに映えます。
f10:1/200:ISO200
via YUSUKE TAMURA PHOTOGRAPHY
オオテンハナゴイ♂

オオテンハナゴイ♂

ハナダイの種はやはり綺麗な個体が多いです。
メスよりオスの方が、綺麗ですよ!
f9:1/250:ISO200
via YUSUKE TAMURA PHOTOGRAPHY

青抜きで、爽やかに!

もうひとつは青抜き。
背景を黒ではなく、青くしてあげます。
爽やかで明るい印象の写真になります!

次ページでGO!
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ワイド撮影】2つの世界をひとつの写真に!半水面写真。

【ワイド撮影】2つの世界をひとつの写真に!半水面写真。

半水面を撮る際のコツをご紹介します!
たむたむ | 3,181 view
水中カメラの基本!「露出」をコントロールする!

水中カメラの基本!「露出」をコントロールする!

今さら聞けない!?水中写真でも、陸上写真でも、基本中の基本「露出」。露出次第で魚も、彼女も、魅力的に撮れる!
たむたむ | 1,820 view
ホワイトバランスで格段に変わる水中写真!

ホワイトバランスで格段に変わる水中写真!

ホワイトバランスで色を操り、自分だけの世界を表現する
たむたむ | 2,030 view
水中写真のマストアイテム「ストロボ」を使いこなす!

水中写真のマストアイテム「ストロボ」を使いこなす!

ストロボの当て方で無限の可能性!あなただけの写真表現を
たむたむ | 1,838 view
あなたはどっち派?ワイドとマクロ

あなたはどっち派?ワイドとマクロ

ワイドとマクロって何?水中写真用語解説
たむたむ | 1,100 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

たむたむ たむたむ