2020年10月13日 更新

ウミウシのシーズンに入ってきたと思われるので、、、、。

10月13日の宇佐美の海ログです。

77 view お気に入り 0
皆さんこんにちは。宇佐美DCの小峰です。

今日の宇佐美は昨日までの大きな波は鳴りを潜め、問題なく潜水できる海になっていました。

水中の透明度は、5m前後と、かき回された感がまだある水中だったので、明日になれば、水自体が悪いわけではないので、徐々にきれいな秋の海となってくると思われます。

さて、今日は水中の写真がないこともあり、また、時期的に、すごく一部の方たちではあるとは思いますが、ウミウシ好きな方たちが首を長くして待っていたウミウシシーズンに入ってきていることを考えて、そういう記事にすることにしました。

ダイビングに何を求めるのか、それは人それぞれだと思いますが、個人的に好きなダイビングのある一日の時間で、のんびり日頃の日常を感じない空間で、宝探しを楽しむかの如くウミウシを探す時間があります。

プライベートで宇佐美以外に潜りに行くときなどは、潜りに行く前から、なにかこう、ふわふわした楽しさを感じますし、器材を背負ってさあ、水中へ、の瞬間にも、またそれとは違ったわくわく感があります。

時を忘れて(長すぎることがしばしばありますが(笑))1本目を潜り終えた後に、温かい飲み物を片手に、その日出会ったほかのゲストさんたちと何気ない会話や交流をしているときにも、日常では感じない楽しさがあります。そのあとの2本目はどんな感じに潜ろうか、と思っているときにも何かこう幸せな感じがやってくることが多いです。

気が付けばいつの間にやら夕方になっていて、ああ、こんなにも時間の流れは速いのかー、などと思いつつ、いそいそと車に器材を積んで、現地の方たちに、また来ますね!なんて挨拶をしているときには、「あー、あっという間だったけれど、充実委した一日だったなー)などと思ったりするわけです。そういう時に帰りのコンビニで買う、ちょっとした飲み物やスナックがおいしかったりするのも考えてみると不思議です(笑)
写真がないまま、文章だけの記事になってしまいましたが、こうやって文章にしてみると、確かに水中、や、ウミウシ、は大事なんですけれども、それに付随する、準備する時間や合間の時間、そのあとの時間、それらに付随する出会いや心象やそのほかあれこれ、(日常から解放されている感じとか)が中毒性があるのではないかと思いました。はまっちゃうと、「え?また行くの?」と周りから言われるくらい言ってしまうのはそういうところの影響が大きいのかと思いました。

ウミウシをすでに好きな方、今から興味を持ってみたい方、ぜひぜひ、宇佐美にそのリクエストを持ってきてください☆楽しい時間を過ごしましょう☆

写真が全然ないのも、相当にアレなので、たまたま身近にあった2019年以降に見つけた個人的心新顔ウミウシたち(観察場所はすべて宇佐美です)の一部を張ってみることにします。

嘘みたいですけど、これらを見つけた日のことを、結構鮮明に覚えています(笑)こういうのってイベント記憶っていうんでしたっけ?

 (17548)

 (17549)

下のウミウシはオパールミノウミウシ、というらしい。実は400種類以上ウミウシを見てきて、「サガミミノウミウシ」というウミウシを見たことが僕はありません。出るところでは普通に出るみたいで、よーやく見れた!と思ったのですが、「世界のウミウシ』に投稿してみたところ、「オパールミノウミウシ」だということに。奥が深いなあ。

 (17551)

宇佐美の特に1月2月の深場(超深場?といっても30mはありませんよ)はこの手のウミウシが結構います。これはパラオミノウミウシ。パラオで発見された、のではなく、顔の模様がパラオの国旗に似ているとのことらしいです。奥がふかいなあ(笑)
 (17553)

この手、というのはこの手です。深ーいところの地面すれすれにある岩(周りは砂地)の表面に白い小さなガヤ類があれば、もう見つけたも同然です。こんな場所でライト片手にうろうろするダイビングスタイルをまさか自分がやるとは思ってなかったです。(笑)

 (17555)

お歳暮とかでもらうエクスペンシブなクッキー詰め合わせに1種類はあるであろうこの造形。

そういうクッキーもらった時にまずは無難な一枚を選んでしまう方。挑戦する方。とにかく一番大きなものを選ぶ方。人ってそれぞれですよねー(笑)

名前はまだないウミウシですが、勝手に名前を付ければ、エレガントクッキーウミウシですね(笑)

 (17557)

まだまだいっぱいあるのですが、これでひとまずおしまい。ラストを飾るのは見つけたてほやほや。先日、セルフダイビングの練習ファンダイブ(なんていえばいーの?)の最中の棚ぼたウミウシであるハレギミノウミウシです。

今さっきハレギミノウミウシをなんとなく変換しちゃったら、「晴れ気味のウミウシ」となりました。(笑)違いますよね(笑)。おそらく、「晴れ着ミノウミウシ」なんでしょう。

晴れ着、、、、、、、、着た記憶が、、、、、、。日常に埋もれまくったらだめですね!(笑)

と、いうわけで、今年は(2019年は個人的にウミウシは不発年でした)盛り上がったウミウシシーズンになることを期待しています!協力者募集中です(笑)

13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yomozuki0 yomozuki0