2017年10月16日 更新

谷君が金銀財宝を水中で見つける可能性を秘めている件

10月16日の宇佐美DC海ログです。

220 view お気に入り 0

まずは今日の海況から☆

皆さんこんにちは。宇佐美DCの小峰です。

今日の宇佐美は、強い北東の風が吹きました。ボートは風波でクローズでしたが、よくあるパターンで、ビーチは風が当たらないために案外穏やか、という状況でした。

それでもうねりが少々入ってきているので注意しなければならない状況なことは変わりませんでしたが。

水中の透明度は、昨日はとっても良かったのですが、今日は浅いところは3mくらい、深くなると昨日よりは劣るものの、水深16mからでもくっきり水面が見える状況でした。

 (4393)

要は、雨水やうねりで浅いところはかき混ぜられちゃった、という事でしょう。

深いところの水は、色もやや青みがかっていて、黒潮が入ったかな?という温かい潮でした。

水中はWETスーツで全然大丈夫でした。水温は水面が25~26度くらい、水底で24度くらいでした。
ただ、陸上がずいぶん涼しくなってきたので、なんとなくDRYのほうが良いかな?となってきた感じです。

宝探しの楽しさ

隠してあると分かると、、、探したくなる。

宝物自体よりも、実は宝物を探す行為自体が楽しかったり価値が高かったりする。

あると思います笑。

 (4397)

考えてみたら、水中なんて、未知の世界全開ですよね。

海の上から眺めていても、波のその下に何があるかなんて全然わからないし、海は広いし、深いし、陸とはルールも全然違う世界だし。

海に金銀財宝を積んだ船が沈んでいます。さー、タンクを担いで探しに行こう!

ダイビングの始まりは簡単に言うとこんな感じ(軽すぎ?)ですが、人間って、未知のモノとか大好きですよね。

何も、金銀財宝だけがお宝じゃないですよね。
 (4399)

ソメワケヤッコyg。

今の時期、季節来遊魚と言われる魚たちがやってくる時期にだけ見つかる魚の一種です。

台風が去って、海がかき混ぜられたり、黒潮が寄ってきて、なんか海が温かくなったな、青くなったな、と思ったら、この手の魚たちを探す事がすごく面白くなります。

これも宝探しですよね。この行為自体が面白いです。
 (4401)

ウミウシも一緒ですね。

たくさんある転石。一つめくって。もう一つめくって。

うーんと目を凝らして。

時にはライトを当てて。目を凝らして。

あれ?と思ったらカメラで撮ってみて。

赤、青、黄色、ピンクに紫、様々な色彩と面白い形。透明感のあるウミウシたちがカメラに写っていたりします。

これも宝探しですよね。同じく、この行為自体が面白いです。

小峰号だと、この手の宝探しがメインですが、宇佐美NO.1冒険号の谷君号に乗船するとさらなる宝探しが楽しめたりします笑。
 (4403)

谷君号の船長、谷君は基本的に偏った人間なので、僕ら、一般の現地ガイドが思いつかないコース取りをすることが多々あります。

基本的に谷君は入社した時からナビゲーション能力だけは並外れて高かったんですが。

砂地に行きあたって、少し進んでハゼなんかを見て、しばらくすると戻ったりするのが普通のガイド。
谷君は時折、

「帰ってこれなくなるくらい砂地を直進したりします」笑

当たりはずれも気にしていません。おそらく。偏っているので。

僕なら、ゆっくり泳いだとはいえ、25分泳ぎに泳いで、特に何も発見や見せるモノがなければ動揺します。やばい、どうしよう!となります。

谷君号は違います。

残圧を確認して、寒さなどを確認して

「もっと行きます」笑

その結果、ゲストさんから、

「とんでもなく大量のサメの群れを見た!すごかった!」

と喜びの声が聞こえたり、

「40分くらい、何にもない砂地を延々と泳がされた!びっくりした!」

と、驚きの声が上がったりします笑。

大体、後者が多いです。

いつか谷君は宇佐美の海で、沈没船を見つけ、その中から本物の金銀財宝を見つけるかもしれません。

谷君号は乗船リクエスト随時募集中です笑。興味のある方はぜひ。「冒険コース」とご予約ください。

明日の予報です

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ざぶざぶした海況です

ざぶざぶした海況です

10月19日の宇佐美の海況です
3018ko | 36 view
前線の風はそこまで強くなく

前線の風はそこまで強くなく

10月18日の海ログです。
yomozuki0 | 33 view
前線のうねり

前線のうねり

10月18日の海況です。
yomozuki0 | 60 view
多少のうねりは残っています。

多少のうねりは残っています。

10月17日の海況です。
yomozuki0 | 35 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

3018ko 3018ko