2017年7月21日 更新

ダイビングは呼吸を使って肺の浮力を調節する!?

陸上と同じように呼吸をしても、中性浮力はできない!

749 view お気に入り 0

イ) 呼吸のリズム

中性浮力を苦手としている人にありがちなのが、BCDに頼りすぎだということです。

浮力調整の全てをBCだけで何とかしようと思っていませんか?

確かに中性浮力をとるためにBCは必要な器材なのですが、ダイビングが上手い人ほど、

呼吸を使って浮力調整をしています。

水中での浮力は呼吸によっても変化するということは、ダイバーならば知っていると思います。

息を吸って肺が膨らめば浮力が大きくなり、反対に息を吐けば肺がしぼんで浮力は小さくなります。

浮力の調整のために呼吸をコントロールすることを、呼吸(肺)のトリミングとも言います。
 (37)

中性浮力を作り出す手順は、

大きく吸う(肺に空気を入れる) ⇒ 体が浮かない ⇒ BCDに吸気 ⇒ 大きく吸う ⇒

浮かない ⇒ BCDに吸気 ⇒・・・・

これを繰り返すだけです。

息を吸うと肺が膨らみ体が浮いてきたなら、その水域ではBCDの空気量は丁度よいので、

あとは呼吸でコントロールをします。
 (39)

ここでBCDをふれてしまわないようにしましょう。

BCDの操作と違って、呼吸のトリミングでは体の動作が要らないので、とっさの浮力調整が

効きますし、ちょっとの水深変化なら、BCDは使わず呼吸だけで充分ということも。

イメージとしては、中性浮力の70%くらいをBCで、残りの30%を呼吸でコントロールする

感じでしょうか。またウェイト量が適正なら、水深10mくらいまでは呼吸のトリミングだけで

対応することが可能です。
 (41)

浮力の調整をBCだけでカバーしようとすると、どうもバタバタしてしまうものです。

大まかな部分はBCDで、細かい調整は呼吸を使うと良いでしょう。

もちろん、力が入りすぎていて呼吸が早い場合などは、呼吸のトリミングが出来ません。

正しい呼吸が身に付いていることが、その大前提になります。

次回は、BCDの使い方(吸排気)についてお伝えしていきます☆
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分の適正ウエイト知ってますか?

自分の適正ウエイト知ってますか?

適正ウエイトを知らないと損することが多い!
フジモ | 549 view
無重力状態をダイビングでは味わうことができる!

無重力状態をダイビングでは味わうことができる!

水中ならではの感覚、どうすれば上手くできるようになるのか?
フジモ | 478 view
ダイビングのコントローラーは呼吸!

ダイビングのコントローラーは呼吸!

無意識でしている呼吸に、ダイビング中は意識的に行うって?
フジモ | 555 view
中性浮力が上達すためのコツとは?

中性浮力が上達すためのコツとは?

ちょっとしたことを意識するだけで、他のダイバーから差をつけよう!
フジモ | 821 view
ダイビング中の正しい姿勢

ダイビング中の正しい姿勢

ダイビングはただ水中をキックしているだけではない!
フジモ | 831 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フジモ フジモ