2020年12月14日 更新

待ちに待った強い西風

12月14日の宇佐美の海ログです

111 view お気に入り 0
皆さんこんにちは。宇佐美DCの小峰です。

今日の宇佐美は、爆風、といってもよいくらいの西風が吹きました。夜のうちからかなりの風の音が鳴っていたので、予報より強い西風かな?くらいに思っていましたが、こんなに強い風とは思っていませんでした。

そんな西風を待っていました☆

そもそもここのところ透明度は良かったですが、西風が吹けば、いろいろなものは沖に飛ばされ、満潮とともに新しい、きれいな潮が入ってくることが多いものです。

西高東低の気圧配置、なんて呼ばれる冬型の気圧配置の時には西風が吹くことが多いのですが、これが東伊豆では冬は海は穏やか、きれい!が多い大きな要因になっています。

さて、そんな水中に入ってみると、

 (18292)

冬を感じる、きれいなブルーの世界がそこに。

宇佐美の砂は白いから青と一緒になると、優しい色合いになりますね☆

この西風が落ち着けば、白っぽさも取れて、もっときれいな海が待っているでしょう☆

そんな今日は西風の影響もあって、いろいろなSHOPさんが来場してくれたり、平日にしてはかなりの賑わいの一日となりました☆

水中でも、

 (18294)

すごくわかりやすい場所(テトラについています)にいる、このイロケロ(オレンジ)などは人気者でしたし、あっちにカメがいたよ、こっちでもカメに会えたよ、なんて声もいろいろいただけました。

やはり、多くの方が海に入って、いろいろな情報が集まってくるのはとても良いことですね☆

 (18296)

先ほどのイロケロがいるテトラの横にある壊れた柵的なもの、にタコが数匹住み着いています。2匹は柵のポールの中に、残りは地面に穴を掘って住んでいます。魚たちにとっては脅威でしかない場所なのかもしれませんね☆

 (18298)

今日も、フォトダイブだったのですが、こういう写真映えするメジャーな被写体は重宝します。14mのテトラのそばで見かけることが多いので、そのそばを通ったら気にしてみてくださいね☆とてもかわいらしいですよ。特に口が。

 (18300)

おしまいは最近気になっている、講習用バーのすぐ脇にある、ヒメエダミドリイシ(固いサンゴです)に住んでいるヒメサンゴガニの仲間。

宇佐美では今年初めて観察できた生物で、そもそもがそれなりに南の方の生物のため、水温が下がってきても大丈夫なのかどうか気になっています。2個体同じところにいるのでほほえましいのですが、この冬どうなるのか、書いていたら余計気になってきました。

と、いうわけで、西風強風だった今日の宇佐美。今現在は西風も弱くなり、穏やかな海が目の前に広がっています。明日からのダイビングがまた楽しみになってきましたよ☆

11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

昨日の夕方のうねりはなくなった

昨日の夕方のうねりはなくなった

9月28日の海況です。
yomozuki0 | 31 view
今日も北東の風が吹く

今日も北東の風が吹く

9月26日の海況です。
yomozuki0 | 75 view
北東の風が吹いている

北東の風が吹いている

9月25日の海況です。
yomozuki0 | 66 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yomozuki0 yomozuki0