2017年8月2日 更新

誰もが知りたい中性浮力上達のコツ!

中性浮力は1日にしてならず!重要ポイントとは?

695 view お気に入り 0
こんにちは、MSO東京店の藤本です!


ダイビング必須3スキルのうち、本日は『中性浮力』についてです。

陸上で味わうことができない、ダイビングならではの感覚です!

水中でフワフワ、クラゲみたいに漂いまるでそこは宇宙空間と同じ無重力☆

空を飛んでいるようで、一度体験したら誰でも病みつきになります!

それを求めて、いざダイビングを始めてみたら・・・・

気づけば改定を這っていたり、逆に水面だったり、なんだか左右上下と

フラフラしたり・・・・思っていたものと違う・・・・

初心者のうちはそんなトラブルが起こりがちです。

完璧にできるようになるためには、経験を増やすことが必要です。

コツ1.ウエイト量をチェック

 (173)

特にビギナーは水中でのバランスが不安定なので、講習時からウエイトを重めに

しがちです。すると腰から下がり不安定になります。適正ウエイトを調整することが

中性浮力の第一歩です。

ウエイトの量が影響を受けるものとして、タンクの種類・スーツの種類があります。

タンクは缶と同じで、アルミ・スチール素材がります。
 (175)

スーツには、夏用のウエットスーツ、冬用のドライスーツがあります。
 (177)

 (178)

それぞれに応じて、ウエイトの量が変化するので、まずは自分自身の適正ウエイトを知ることが重要です!

さて、適正ウエイトの確認ができたところで、次のコツに行きたいと思います!
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分自身で安全を確保してダイビングを行えること

自分自身で安全を確保してダイビングを行えること

安全のあとに楽しいがやってくる!
フジモ | 142 view
安全にダイビングを楽しむ為の方法は、これ!

安全にダイビングを楽しむ為の方法は、これ!

どんなスポーツでも楽しむために共通していること
フジモ | 232 view
意外と知らないダイビングの常識

意外と知らないダイビングの常識

ダイビング・ライセンス取得講習を受講するにあたって
フジモ | 656 view
海中の流れにはいくつか種類がある

海中の流れにはいくつか種類がある

流れの種類、特徴は知っていますか?
フジモ | 545 view
中性浮力が上達すためのコツとは?

中性浮力が上達すためのコツとは?

ちょっとしたことを意識するだけで、他のダイバーから差をつけよう!
フジモ | 658 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フジモ フジモ