2017年8月24日 更新

さらに上達するために一歩差をつける方法とは?

いち早くスキルを身に付けることが大切です!

911 view お気に入り 0
こんにちは、MSO東京店の藤本です。

本日は、さらに上達するために一歩差をつける方法をお伝えしたいと思います。
※宇佐美ダイビングセンター

※宇佐美ダイビングセンター

『自分のホームゲレンデを持つ』

器材に慣れるというお話をしてきましたが、それとともに、海に慣れる必要もあるのです。
海は1つとはいえど、場所が変われば水中の地形、波の立つ風向き、潮の流れも様々です。
器材に慣れると同時に海にも慣れる必要があります。
同じ海でも、1日として同じ日はありません。
器材に慣れていないとき、自分のスキルに不安があるとき、
さらに、はじめて潜る海だとして楽しめそうですか?楽しめないですよね。
使い勝手が良く、海の特性を熟知している場所で潜ることが安心感につながります。
ホームゲレンデがあれば、いち早く下記の3つのバランスを身に付けることができます。

3つの天秤…『器材』『スキル』『海』

この3つのバランスがしっかりと取れていることが大切です。
どれか1つだけできていても、バランスはとることが出来ません。
ベースにあるものは、本数を重ねる(経験を増やす)ことです。

『スキル』…安全を確保してダイビングすることができる

□ 器材セッティングはできるか
□ 適正ウエイトは把握しているか
□ 水深に応じて浮力をコントロールし、中性浮力を維持できているか
□ ロープを使わずにフリー潜降、浮上できるか
□ ボートエントリー・エキジットはスムーズにできるか
□ バディダイビングできているか(コンタクトをとる、残圧の共有など)

などが身に付けるべきスキルです。

『器材』…自分の体・脚力にフィットした器材に慣れる、使いこなせている

□ 自分の体にフィットしたものを使用しているか(マスク、ウエット、ドライスーツ、BCD)
□ 自分の脚力に合っているか(フィン)
□ ダイブコンピューターはしっかり使用できているか
□ 自分のBCDジャケットの操作を熟知しているか

などが器材に必要なことです。

『海』…どのようなことに注意をしてダイビングすべきか、海況から把握できる

□ 波があるとき
□ 流れがあるとき
□ うねりがあるとき
□ 透明度があまりよくないとき

など海の様々な状況に応じて、対応できる知識・スキルが身に付いているかが大切です。
※ビーチエントリー場所

※ビーチエントリー場所

MSOでは都内からアクセスの良い、東伊豆・宇佐美に直営の現地ダイビングサービスがございます。
日帰りでも宿泊でも遊びに行くことができ、たくさんのお客様にホームゲレンデとして
活用してもらっています。
さらに近場だからこそ、短期集中型で潜れるというメリットがあるのです。
ダイビングといえば、ボートからドボンッ!といったイメージがありませんか?
イメージ通り、国内外リゾートに潜りに行くとほぼ100%ボートダイビングをすることになります。
ただ、船から海へ入る、または戻る方法、安全停止(マニュアルの5章にでてきます)、
ダイブコンピューターの使い方など、知らないと安全にダイビングをすることができないことが
たくさんあります。
安全にダイビングをする為には、ボートダイビングにも慣れておく必要があるのです。
 (381)

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これが出来ないと1人前ダイバーではない?

これが出来ないと1人前ダイバーではない?

リゾートに行く前に身に付けておきたいスキル
フジモ | 1,244 view
グローブ、ブーツの役割は?

グローブ、ブーツの役割は?

水中は陸上よりも体温が25倍早くうばわれる環境
フジモ | 315 view
経験を増やすこと並行して重要なポイントは?

経験を増やすこと並行して重要なポイントは?

ただ経験本数を増やすだけでは意味がない!
フジモ | 408 view
呼吸は吐き気味?それとも吸い気味?

呼吸は吐き気味?それとも吸い気味?

無意識にしている呼吸に意識するってどういうこと?
フジモ | 442 view
誰もが知りたい中性浮力上達のコツ!

誰もが知りたい中性浮力上達のコツ!

中性浮力は1日にしてならず!重要ポイントとは?
フジモ | 674 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フジモ フジモ